天野が高良

子どもの耳管の作りは、大人と比較して太い上に短くなっており、加えて水平に近いため、菌が入り込みやすくなっています。大人より子どもの方が急性中耳炎にかかりやすいのは、この事が関係しています。
下腹の疼痛を特徴とする代表的な病には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、子宮の病気など、色々な病名が聞かれます。
何かを食べる時は、食べようと考えた物をなんとなく口に運んで約20回噛んで後は飲み込むだけだが、そのあと人体は実にまめに動き異物を体に取り入れるように努めているのだ。
道路交通事故や山での転落など、非常に大きな圧力が体にかかった場合は、複数の部分に骨折が発生したり、開放骨折に至ったり、更には内臓が損壊してしまうこともあるのです。
春に患者が増える花粉症とは、森林のスギや檜、松などの虫によって媒介されない花粉が元凶となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・鼻水などのゆううつなアレルギー症状をもたらす病気だといえます。
急に発症する急性腸炎は、大方は腹痛・吐き気・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は壮絶な腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・水下痢の他に38度以上の高熱も出るのが特徴だといえます。
不整脈期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも現れることがあるためさほど難しい心臓の病気とはいえませんが、発作が数回繰り返して起こる時は危ないのですぐ病院へ行きましょう。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの一つのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓から分泌されている解毒酵素そのものの正常な創造活動を助けているかもしれないという新たな事実関係が見えてきました。
肝臓をいつまでも元気に維持するためには、肝臓の解毒作用が落ちないようにすること、分かりやすく言えば、肝臓の老化を食い止める対策を実行することが重要だと言われています。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国でも共通ですが、数値の位置づけは国家単位で少しずつ異なり、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上の場合は肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と決めています。
耳鳴りには種類があって、本人しか聞こえないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように他の人にも品質の高いマイクロホンなどを使用してみると感じることのできる点が特徴の「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
看護師 求人 川崎市
UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特性があるため大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を壊すなど、肌に悪影響を与えることが明らかになっています。
チェルノブイリ原発の事故のその後の後追い調査のデータからは、体の大きな成人に比べて子供のほうが漏れた放射能の悪い影響を受容しやすいことは明らかです。
薬、アルコール、化学的な食品への添加物等を酵素によって分解して無毒化する作用を解毒(げどく)と言い、多機能な肝臓が果たす非常に重要な職務の一つなのです。
吐血と喀血、2つとも血を吐くことですが、喀血とはのどから肺を通っている気道(呼吸器の一種)から血が出ることで、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上部の消化管から血が出る状態を言い表しています。
広告を非表示にする